== お花たち ==

バラとメッセージ

居間に飾るようにバラのお花を買ってきました。
娘が大好きなバラのお花。アリスとアントワネットさま(宝塚のベルばらが大好きな4歳)のお花だから好きなのだそう(笑)



ピンク系の2本を娘が選んでくれました。
外はすごい雨風で『風さん!もっと優しくして!傘さんが飛んで行っちゃう!優しくしないと凍らせるよ!』と怒りながらのお買い物(彼女はいつだってエルサ(笑)
子供って本当に面白いし、かわいい…♡

201703271421039b4.jpg

昨日、夕方にどうしても外せない用事が出来てしまい、パパと娘にお留守番をお願いして数時間外出していたのですが、帰ってきたらホワイトボードにこんなメッセージが。
スタンプのところは娘の名前です。
寒くてぐったりして帰宅したのですが、疲れが一気に吹き飛びました♡
寄り添って眠っている二人の穏やかな寝顔に、こうして三人でいる幸せを噛み締めました。
当たり前のことを、当たり前と思わないこと。
いつでも二人の愛情に感謝して、私ももっともっと沢山の愛情と思いやりで家庭を包み込みたいです。


スポンサーサイト
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:28:06 ━ Page top ━…‥・

== お花たち ==

今週のお花。

イースターコーナーの新しいお花は、イースターエッグと同じ紫色のカンパニュラ。



ホタルブクロとも言われていますね、蛍だけでなく妖精のベッドになりそう。
釣鐘草、風鈴草という別名もある可憐なお花❁


2017032615445214a.jpg

今日は雨ですが、昨日はお天気がよかったので娘と公園へ。
その時娘が私のためにみつけて摘んできてくれた小さな小さなすみれのお花。
今、分厚い辞典に挟んで押し花にしています♡
娘はいつも野花や小さなスベスベの石、木の実などを見つけてはプレゼントしてくれて、とてもかわいい。




20170326154454f23.jpg

最近はシンプルに肌が綺麗に見える色を単色塗りしていたのですが久々にネイルアート。
指先に一足早く春が来ました❁


もうすぐパパが帰宅するので、お茶の準備をして待っています。
雨の日曜日はのんびりと。
娘は家の中で退屈そうですが、一緒に塗り絵やおままごとをして夕方を過ごそうと思います(*^_^*)


┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:54:54 ━ Page top ━…‥・

== 日々のこと ==

休日♡

娘はもう春休みが始まっているので、家族三人の休日です✨
娘とパパにお留守番をお願いして、バレエに行ってきました。

20170324141004c65.jpg

早速新しいレオタードを着て。
先週はお休みだったので、今日はレッスン中から筋肉痛に…笑
お家で復習したアンシェヌマン、振りに頭がいっぱいにならず、重心の位置や足の角度を考えながら踊れたので復習大事ですね!
また来週はレッスンがお休みなので、しっかり復習とストレッチをして次のレッスンに備えようと思います🎀
ひょろひょろだった脚に、少しずつ筋肉がついてきたのも嬉しい♡

201703241410028da.jpg

三人でティータイム。
茶葉はウェッジウッドのアールグレイにしました。
大人二人はお気に入りのNARUMIのすみれのカップアンドソーサーで。
今日バレエに行く途中、桜の木の側に小さなすみれが咲いているのを見つけて嬉しくなりました♡

娘も飲みたい!というので、温めたミルクをお湯で割って、お砂糖と少しの紅茶を入れた英国の子どもたちにはお馴染みのキャンブリックティを。
小さなカップアンドソーサーは、カプチーノカップ。
コペンハーゲンのものなので、割らないでよー!!と目を光らせながらのお茶会(笑)
母の心配を他所に、娘は『アリスのお茶会ね♡』なんて言いながら美味しそうに飲んでいました(笑)



実はここのところ数日、私の体調があまり良くないので、今日はゆっくり過ごそうと思います。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:19:55 ━ Page top ━…‥・

== お出かけ ==

豊島園へ♫

昨日は同じバス停の仲良しファミリーたちと豊島園へ行ってきました♫
上は小学1年生、下は2歳まで、子供9人、大人5人の大人数で!笑

豊島園は初めて行く遊園地だったので娘ととっても楽しみにしていました♡

2017032314170244a.png

出発前のハイテンションな娘と(笑)

小さな子でも楽しめるアトラクションが沢山あって、娘も大はしゃぎ♡
年長さんの仲良しさんを追いかけて子供用のミニジェットコースターに乗った時は固まっていましたが…笑

お姉さんたちはハードな乗り物がお好みだったので、園児の中で一番年下の娘は未就園児のチビちゃんたちと室内のアトラクションで遊んだり、メリーゴーランドやコーヒーカップに何度も乗ったりとマイペースに楽しんでいました♫

20170323141703ff0.jpg

結構怖がりなのでメリーゴーランドも馬車一択でお馬さんには乗らない娘(笑)

20170323141705e78.jpg

クラシカルなデザインのメリーゴーランド、とてもロマンティックで可愛かったです✨✨

上の子たちが下の子を見てくれたり、豊島園マスターのママさんがいたりと、パパがいない遊園地は初めてでしたが、とても心強くてとっても楽しかったです(*^_^*)

結局閉園まで思い切り遊んで、みんなでご飯を食べて解散。
娘はお風呂も入らず歯磨きを済ませると3秒で夢の世界へ…笑

この日遊んだファミリーのうちの1ファミリーが春休み中に故郷へお引越ししてしまうのでお別れ会を兼ねたお出掛け。
娘もとても仲良くしていたお友達だったので最後に楽しい思い出が出来て良かったです♡

帰ってきた娘の楽しそうな話を聞いて、パパがひたすら羨ましがっていたので今度はプールの時期にでも家族でまた行こうと思います✨✨
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:46:29 ━ Page top ━…‥・

== お洋服、メイク ==

夢見ることが私の人生

子供の頃、母のお化粧ポーチを覗いたり、お化粧姿を横で見るのが好きでした。

パチンと音を立てて開くコンパクトや、コロコロとしたカラフルな玉が入ったチーク、バレリーナのすっと伸びた背筋に似たリップ…どれも優美なデザインでいい香りがして、そしてお化粧する母の姿はどこか秘密めいていて。

大人になったら、私もこんな素敵なコスメでお化粧するんだ…と小さな胸をときめかせていました。

今、世間から『大人』と言われる年齢になった私。
一定の年齢を過ぎたらお化粧はマナーへとかわり、時々義務のように鏡に向かってブラシやパフを滑らせることもしばしば。

森茉莉さんの言葉、『夢見ることが私の人生』を座右の銘に生きたいと日々思っているのに、これではダメですね。
自分のときめきの扉をノックするために、思い出のコスメと憧れのコスメについて書きたいと思います。

20170321143003a1a.jpg

幼い頃、母のポーチの中で一番の憧れの的だった、ゲランのメテオリット。
母がパステルカラーのお菓子のような小さな玉をブラシで撫でると立ち上がる大人の女性の香り。
エレガントなパッケージも素敵で、たまに母にせがんで自分の頬にもひと撫でしてもらいました。

20170321143004fb1.jpg

母のポーチの憧れのコスメその2は、ジバンシーのフルール・ダンテルディのミニボトル。
ボトルの色味、形や、花の彫刻風のデザインから、マリアさまの香水みたいと小さな頃は思っていました。

当時は知らなかったけれど、禁断の花園という意味の香水。
香りをネットで調べてみました。
トップ:フランボワーズ、ピーチ、メロン
ミドル:ローズ、ライラック、スミレ、クチナシ、スズラン、シクラメン
ベース:サンフラワー、バニラ、サンダルウッド
確かに、フルーティフローラル系の香りだったなぁと、香りが蘇ってきます。

20170321143006b62.jpg

そして憧れのコスメその3は定番ですがシャネルのリップ。
お化粧の最後の仕上げに、くるくるとひねって赤やピンクのリップを唇に塗るそのしぐさは、大人の女性のイメージそのもので、本当に憧れたものです。


大人になった今、私の手元にあるのはシャネルのリップだけ。
それでも、思い入れが強いので特別な時にしかつけられません。
ゲランはまだまだ憧れのまま、ジバンシーの香水は廃盤になってしまいました。



上記のコスメとは別に、私は昔から香水に特別惹かれるのですが、いつか必ず手に入れて、特別な日に身に纏いたい香水が3つあります。

20170321143007a8a.jpg

左からペンハリガンの鈴蘭、アニック・グタールのすみれ、ペンハリガンのガーデニア(クチナシ)。

この3つはボトルのデザインもロマンティックで、ずっと眺めていたくなるものですし、何と言っても香りがまさに生花そのもの。

クチナシもすみれも鈴蘭も香水の香りとしてポピュラーですが、どうしても『香水の』すみれ、鈴蘭、クチナシの香りのものが多い中で、ペンハリガンとアニックグタールは香水の、ではなく生花そのままの香りで理想的なのです。

この間アニック・グタールのすみれをスメリングさせて頂いた際に手首につけて帰ったのですが、時間が経っても、可憐でどこか凛とした品のあるすみれの香りがずっと続いていました。

今私はこの3つの香水へのあこがれで胸がいっぱい。

大人になって、夢や憧れはお金で手に入れられるようになったけれど、それが本当に似合うかはまた別のお話。

時に億劫に感じてしまう身支度ですが、夢やロマンスが詰まった憧れのコスメをいつかまとうために、その品々に相応しい内面を磨くことが、大人になってからの楽しみかなと最近思います。

小さな少女だった私は、やはり素敵なコスメは見目だけでなく、内面も美しい人が使ってほしいと思っていました。
小さな頃の私が見て、素敵と憧れられる女性になって、ときめきのコスメや香水を使うのが私の夢です。

日々の生活の中のこういう小さな夢やロマンスの欠片を集めて、豊かに、女性として母として生きていきたいなと思う毎日です。

いつか、すみれの香りが似合う女性になれますように*
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:15:04 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old