FC2ブログ

== 美術 ==

マリーアントワネット展へ。

ひかりな会の日記。
まずは森アーツセンターギャラリーで行われているマリーアントワネット展へ!
ずっと楽しみにしていた美術展です。

201612142017408c3.jpg


フランス王室へのお輿入れから、断頭台までのドラマティックなマリーアントワネットの人生を肖像画や彼女が愛した装飾品、家具などで追った展示会。

20161214201741b73.jpg


こちらは撮影可能スペースのマリーアントワネットの寝室の再現。
緑の寝具が美しいです。

有名な首飾り事件の首飾りのレプリカもありました。

ときめいたのはファブリックと食器の展示。
彼女が愛した花々が施されたカーテンや、スープ皿などがとっても繊細で美しい。
優美で可愛らしいものを愛したマリーアントワネットの少女らしさを象徴しているようでした。

展示が進むにつれ、王族の贅沢を避難した風刺画や、生々しい革命の戦いの絵も増え、うっとりとはいかない重たい歴史の真実が目の前に広がります。

最後の時にマリーが着ていたシュミーズや靴の展示には胸がぎゅっと締め付けられました。

マリーアントワネットは大好きなプリンセスだけれど、その彼女の華やかな生活の下には民衆たちの辛い日々があったと思うと、なんとも言えない切ない気持ち。
マリー自身も母親であったけれど、その裏で何人も我が子を飢え死にさせざるを得なかった母親たちもいたのだなぁと、改めて考えさせられました。

後半はちょっと胸にくるものが大きいけれど、それでもとにかく充実の展示内容!

宝塚好きの私はあっ、アルトワ伯さま…♡とかオスカルはこの時民衆たちと共に戦って…とか脳内妄想が止まりませんでした笑
宝塚好きの友達ともう一度行きたい!



ひかりな会のお話、もう少し続きます。


ポチッとお願いします。
スポンサーサイト



┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:19:27 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://rainyhoneycat.blog.fc2.com/tb.php/381-a49187cd
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next