FC2ブログ

== お出かけ ==

旅日記その⑤〜ガラスの森美術館ミュージアム内2

ミュージアム内の様子。
《─奇跡のガラスを生んだ─ 華麗なるバロヴィエール一族展》が催されていました。

ガラス職人の一族バロヴィエール家は、15世紀に世界初の透明ガラスを発明したアンジェロから、19世紀に糸のように細い脚で自立するガラスの制作に成功したジュゼッペに至るまで、常にガラスの可能性に挑戦しヴェネチアン・グラスの発展に深く関わってきた一族だそうです。

膨大な数のお写真があるので、私が特に惹かれた作品を厳選して載せます*

20180905114627208.jpg

201809051146288ca.jpg

201809051146295d6.jpg

20180905114631391.jpg

……こうして見ると、私の好みって分かりやすいですね(笑)
デコラティブなものより、ガラス本来の美しさが分かる色味や控えめで繊細なデザインが好きです。

201809051146261c7.jpg

こちらガラス製の大きなお船なのですが、実家にも祖父母の趣味でもう少し小さなガラスのお船がありまして。
幼い頃触っては怒られ、触っては怒られしていた記憶が蘇りました…
横目で母を見ると、おそらく母も同じことを思い出していた様子(笑)

201809051146459bf.jpg

2018090511464632b.jpg

こちらは現代のガラス作家、ディル・チフーニの作品。
南ヨーロッパらしい暖かさと明るさが感じられて素敵ですよね*



以上で箱根旅、ガラスの森美術館編は終了です。
元々ルネ・ラリックや、エミール・ガレなどのガラス作品が大好きだったので、今回たくさんのヴェネツィアングラス作品を見ることができてとても幸せでした♡

普通の美術館のような堅苦しい緊張感もなく、子供たちもリラックスして鑑賞していたので、本当にこのミュージアムに来て正解でした♪
大人も子供も楽しめる、美しい自然とガラスたち。
また箱根に来る際には再訪したい場所の一つになりました*



さて、ガラスの森のあとはまたバスで移動して、もうひとつミュージアムへ。
そちらも長くなりそうですが、旅の記念に綴りたいのでお許しくださいね*


スポンサーサイト



┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:58:58 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://rainyhoneycat.blog.fc2.com/tb.php/848-c961858f
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next