FC2ブログ

== 美術 ==

バロック美術と紅茶。

お姉さまとのお出掛け、その2。
続いては上野の国立西洋美術館へ。

20181105125751b4a.jpg

お姉さまと美術館に行くのが大好きなので、お付き合いしてもらいました*
バロックの巨匠、ルーベンス展。


宗教や神話主題の絵画の他に、スケッチ、ベルリーニの彫刻作品なども展示されていました。

展示数はそんなに多くはなかったのですが、明暗のはっきりした色彩や躍動感で描かれる法悦の表情や、肉感的な男女の身体、ダイナミックな筆致に圧倒されます…!

絵筆の熱狂と評されるルーベンス。
強烈なイメージと熱量に、くらくらするほど。

どちらかというと、バロック以降のロココ美術の優雅さ、緻密さの方が好みの私。
バロックを経てそのロココが生まれ、またバロック美術はルーベンスから始まったとも言われるので、私の好きなロココやラファエル前派の絵はやはりルーベンスの作ったひとつの時代を経て生まれたと思うと、その偉大さに感銘を受けます。

新たな流派が生まれるとき、それ以前の主義への反発からという始まりが殆どですが、やはりそれでも前時代の特色や影響が全く消えてしまうということはありません。

ルーベンスもまた、バロック時代の人々はもちろんのこと、後世の偉大な芸術家たちに大きな影響を及ぼした画家だと、数々の名作を見上げながら改めて思いました。

バロック美術、と聞いて想像する色使いや構成、モチーフ全てがそこにあるので、やはりルーベンスはバロック美術の大家なのですね*

2018110512575379f.jpg

お土産は、映像のみの展示だった《聖母被昇天》のポストカード、パビリオとのコラボ百合のテープ、そしてモンテヴェルディやシュッツ、ギボンズなどルーベンスの時代に活躍した作曲家のCDを♪




バロック美術の世界を堪能したあとは、ティータイム。
今日は紅茶の日だったのでAfternoonTearoomでお茶をしました*

20181105125755827.jpg

秋らしいモンブランは甘さ控えめで食べやすかったです💞

2018110512575511b.jpg

AfternoonTeaで一番好きなフルーツティ!
このお味をお家で再現したくて何度か挑戦しているのですが、渋みや苦味が強くなってしまってなかなかうまくいきません(;_;)
とっても美味しいこのお味はやはりお店で堪能するしかないのかしら…

20181105125758980.jpg

隠し撮りを隠し撮りで防ぐわたし笑
家族のこと、映画のこと、美術のこと、そしてアドベントの楽しい計画について♪
ここでもおしゃべりが止まりません。

2018110512575661f.jpg

お茶も2杯めに突入♪
こちらはハーブやレモン、ローズヒップがブレンドされたさわやかなグリーンティ🌿

20181105125800788.jpg

併設のショップにて、お揃いのものをお互いにプレゼントしたので並べてみました💞

私からはカファレルとのコラボ缶のチョコレイト、お姉さまからはスワンとトゥシューズのミラー*
ドンボスコで対でお迎えしたマリアさまとテレーズさまもいます。


可愛いお揃いたちを眺めて、二人でにっこり*
いくつになっても、仲良しの子とのお揃いは嬉しいものです。


さて、紅茶を楽しんだあとはまた別の場所へ移動。

お姉さまとのお出かけ日記、もう少しだけ続きます*










スポンサーサイト



┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:10:11 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://rainyhoneycat.blog.fc2.com/tb.php/897-e5f8b34e
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next