FC2ブログ

== 日々のこと ==

お誕生日*

今日は私のお誕生日でした。
娘が生まれてから自分のお誕生日は忘れがちなのですが笑、日付が変わってから家族や友人たちから沢山のおめでとうをいただいて、やっぱり嬉しい気持ちになりますね*

2019013117554794d.jpg

パパが仕事帰りにアンリ・シャルパンティエのケーキを買ってきてくれたのでティータイム。
二人がバースデーソングを歌ってお祝いしてくれました♪

そう、このケーキなのですが…三人家族なのになぜか6ピースも買ってきて、おまけに自分は食べないと言い出すパパ笑
大好きなアンリとはいえ、さすがに苦しいので無理やり食べてもらいました!
男の人ってどうしてこう、喜ばせたい=数多く買ってくるになるのでしょうか…笑

20190131175550ef7.jpg

一人二個ずつ(!)しっかりいただきましたよ*
これはイチゴのクレープ。
お写真はありませんが、もうひとつははちみつレモンのレアチーズをいただきました。

お誕生日プレゼントも貰ったのですが、それはまた後日書かせてください*


あっという間に31歳。
単に年齢を重ねるだけでなく、人として女性として少しでも成長できていると良いのですが…。

大好きな熊井明子さんのエッセイの中で知った、素敵な言葉があります。

映画《エーゲ海の旅情》。
40歳になる離婚した女性アンと、22歳のピーター少年の恋のお話なのですが、ピーターに求婚されたアンは自らの年齢のことで躊躇します。
そんなアンに、前夫がこう言葉をかけるのです。

「40歳だって?君は数(ナンバー)にこだわっているんだ。それがダイヤモンドのカラットだと思ってごらん。君は青白く光輝く40カラットのダイヤモンドだよ。自信を持ちなさい。」

なんて思いやりに満ちた、なんてハッピーな言葉だと思いませんか?

女性として生きていると、歳を重ねることに怯えがち。
でも周りの素敵なお姉さんたちを見回すと、いつも生き生きと人生の楽しみを見つけ、自らの仕事に精を出し(それは勤めに出ていたり、家庭を回していたりそれぞれ)、不平や不満より今に感謝し、なおかつより良くなれるよう常に学び、経験し、溌剌と生きている方ばかり。
そんなお姉さんたちはみんな若々しく、そして傍にいる人をぱっと明るくさせる、とても美しい人なのです。

彼女たちはみんな、きっと年齢と共にダイヤモンドに磨きをかけ、カラット数を増やしていっているのだと感じます*

私も彼女たちのように、生き生きと過ごしたいと思います。
次に歳を重ねるとき、ダイヤモンドの輝きも増していますように。


スポンサーサイト



┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:01:00 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://rainyhoneycat.blog.fc2.com/tb.php/968-88afec5f
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next