FC2ブログ

== 美味しいもの ==

わたしの嗜好品*

サロンの帰り、パパと待ち合わせをしてバレンタインの催事へ行って来ました💕

20190211104736d42.jpg

La Maison du chocolatとPierre Ledent♪
どちらも大好きなショコラトリー💕
特にLa Maison~のバレンタインパッケージは夢見るメリーゴーランド模様で絶対にお迎えしたいと思っていたもの🎠
パパがどちらもプレゼントしてくれました*
(実はここ数日パパにイラッとして無視していたのですが、チョコレートで休戦しました笑)



チョコレイトが大人の嗜好品か、と思う人もあるかも知れないが、外国の若い女優や、歌手の楽屋が薔薇とチョコレイトでいっぱいであることが、小説なぞに出て来たり、日本でもチョコレイトを囓るのは子供か、まだ子供のお仲間のような若い女ときまっているが、私はだいたいチョコレイトは珈琲、煙草と優に並ぶ、コカイン的な嗜好品、つまり大人の食べものだと、思っている。(森茉莉)



それから、本屋さんでもうひとつの嗜好品もお迎え。

20190211104741835.jpg

上質でロマンティックな海外ミステリーたち。
シャーリー・ジャクソン《丘の屋敷》。

20190211104743630.jpg

ケイト・モートン《秘密》。

20190211104745a7a.jpg

ルシンダ・ライリー《セブンシスターズ 蘭の館》

どれもずっと気になっていた作品たち。
装丁も美しく、楽しい読書時間になりそうです。



私は煙草を吸わないし、お酒も弱いので、ほとんど唯一の嗜好品は紅茶と推理小説ということになります。
軽蔑しているわけでは決してなく、推理小説は他の読み物と違って本というよりも嗜好品といった方がしっくりくる気がします。読み終わると「ゼロ」になるはかない感じが嗜好品っぽい。(山崎まどか オードリーとフランソワーズ)




私も上記の作家さんのように、紅茶と珈琲、そしてチョコレイトとミステリが嗜好品。(それからお花も!)
自分を甘やかす、とっておきの贅沢品をお迎えしてご機嫌な今日です*



20190211104745778.jpg

早速ルドンのショコラをお気に入りの紅茶をヘレンドのカップアンドソーサーにいれて楽しみました。
一粒口に入れると甘さがとろけて、中から様々なフレーバーのガナッシュが…ああ、甘美なひととき…!!!

ラ・メゾンの方は、娘にも少し分けてあげようと思います♪
様々なショコラトリーの新作が披露されるバレンタイン。
今年も大満足でした💕…なんてもらうだけもらって終わった気になっていますが、ちゃんとパパにもお返ししなくてはですね笑


スポンサーサイト



┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:31:48 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://rainyhoneycat.blog.fc2.com/tb.php/979-9d00153d
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next